鉄道トピックス

  •  ブラジル  パラナピアカーバ の鉄道遺産
  • ブラジル サンパウロ州にあるパラナピアカーバは19世紀から続く急斜面を克服するための鉄道町として有名です。南アメリカの最大都市サンパウロと、サンパウロに最も近い港であるサントス間は、直線距離で僅か60kmなのですが、標高差はなんと800m。その急峻な片勾配を物資も、人員も輸送していた流通の輸送のかなめとして、イギリス人がこの鉄道町を作りました。以降、急勾配を克服するための様々な施設が作られ、その一部が今も博物館として保管・公開されています。
  • パラナピアカーバの概要と風景
  • パラナピアカーバの鉄道博物館


 

 

鉄道トピック

世界には、日本では見られないような、または日本と同じような問題を克服した様々な鉄道施設があります。このページは、世界各地の鉄道の興味深い場所を紹介します。